お知らせ  

イベント

し等のご報告
地下水地盤環境に関するシンポジウム2001
 このシンポジウムは地下水地盤環境に関する研究協議会の活動の一環として毎年秋に開催しておりますが,今回は工事に直結した地下水の諸問題,地下水涵養問題,地下水の水質や土壌汚染問題と幅広い課題について最新の研究成果を発表していただきます。
 多数の皆様方のご参加と活発な討議を期待しております。
●日  時: 平成13年11月12日(月) 9:30〜17:10 (懇談会は17:30より)
●会  場: 建設交流館グリーンホール(定員250名)(大阪市西区立売堀2-1-2 電話06-6543-2551)

●特別講演:

「沖合人工島の地下水問題について」古土井 光昭(関西国際空港用地造成(株))
●参 加 費 :
▽シンポジウム(テキスト代含む) ▽懇談会
(協議会会員)2,000円 (協議会会員)4,000円
(一   般)4,000円 (一   般)4,000円
(学   生)2,000円 (学   生)2,000円
●申込方法: 参加ご希望の方は申込書に必要事項をご記入の上,Fax等でお申込み下さい。参加費は下記の銀行にお振り込み下さい。ご入金後の返金は致しませんのでご了承下さい。参加券をご送付致しますので当日受付にてご提示下さい。
振込先:三和銀行 堂島支店 普通預金 口座番号5158630(振込手数料はご負担下さい)
    地下水地盤環境に関する研究協議会 事務局代表 広瀬 勉

地下水地盤環境に関するシンポジウム2001参加申込書(5k)
●申 込 先 : 〒530-0003 大阪市北区堂島2-1-31 (財)日本地下水理化学研究所内 
       地下水地盤環境に関する研究協議会事務局シンポジウム担当係
Tel 06-6341-4502  Fax 06-6341-7996 (担当者:広瀬 勉,沖 泰三)
●申込期限: 平成13年10月31日(水)(但し,定員になり次第締め切らせて頂きます。)


地下水学会 技術講習会のお知らせ
雨水浸透・地下水涵養〜21世紀の地下水資源管理を考える〜
 下記の要領で標記の講習会を開催いたします。地下水への水涵養は、地下水挙動および水資源を考える上で極めて重要な課題ですが、これまで体系的に説明されることが少なかった話題です。当学会では、会誌誌面講座で「雨水浸透と地下水涵養」を連載(1995〜1997、代表幹事 広島大学 開發一郎教授)してまいりましたが、このほどこの成果を取りまとめ書籍出版することとなりました。今回、この書籍をテキストに執筆者他を講師に迎え、涵養に関する調査、予測、促進技術にわたる講習を企画致しました。奮ってご参加ください。
●日  時: 2001年 12月7日(金)午前9時〜午後5時30分
●場  所: 青山TEPIA(財・機械産業記念事業団)
 東京都北青山2−8−44(地下鉄銀座線外苑前徒歩3分)
●募集人員: 75名
●プログラム内容 (予定講師・所属):
  1. はじめに(開發一郎:広島大学教授)
2. 雨水浸透・地下水涵養の計測・調査(開發一郎:広島大学教授)
3. 自然地下水涵養と同位体トレ−サ−(嶋田 純:熊本大学教授)
4. 雨水浸透のモデリング・数値解析(岡 泰道:法政大学教授)
5. 雨水浸透の促進技術(虫明功臣:東京大学教授、ヘ−ラト、S:東京大学助教授)
6.
不飽和帯の物質移動モデリング/実態(杉田 文:千葉商科大学助教授)
7. 不飽和帯の物質移動の最近のトピックス(唐 常源:千葉大学助教授)
8. おわりに −地下水涵養の今後−(開發一郎:広島大学教授)
●講習費用 :
正会員 準会員 非会員
\10,000 ¥5,000 ¥15,000
(特別会員は一口数あたり2名まで正会員としてご参加いただけます)
●申込み期限: 平成13年11月9日(金) 但し、定員になり次第締め切ります。
●申し込み先:
日本地下水学会学会事務局
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-8-6
tel/fax:03-3273-9654 e-mail:LEP04505@nifty.ne.jp
地下水学会 技術講習会参加申込書(5k)


大深度地下利用技術の動向とモデル検討報告会のご案内

 本報告会は、「大深度地下利用の意義」、「大深度地下利用特別措置法」に関する基調講演と共に施工法の概要、概算工事費と工期、設計・施工上の課題等について報告する充実した内容となっており、今後の大深度地下開発にあたって、大変有意義でありますので、是非多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。
●開 催 日 : 平成13年11月13日(火)13:00〜17:30
●場  所: 建設交流館8階グリーンホールTEL06-6543-2551
(住所:大阪市西区立売堀2-1-2)――会場案内図別紙参照――
●主  催: 社団法人日本トンネル技術協会
●後  援: (社)土木学会関西支部、(社) 地盤工学会関西支部
(財)地域地盤環境研究所、地下水地盤環境に関する研究協議会
●参 加 費 :
個人会員 団体会員 一般 学生
10,000円 12,000円 15,000円 6,000円
(後援団体の会員は、団体会員扱いとさせて頂きます。)
(テキスト代、消費税を含む。なお、小委員会報告書(別売)は、本報告会参加者の希望者には、価格9,000円のところ、2割引価格7,200円で頒布いたします。)
●定  員: 200名(定員なり次第〆切致します。)
●申込方法: 下記申込み用紙に参加者氏名、所属、電話番号を記載し当協会宛てファクシミリまたはE-メールをもってお申し込み下さい。受付番号をお知らせします。
TEL03-3553-6174、Fax03-3553-6145、E-メール h-yoneda@sepia.ocn.ne.jp

大深度地下利用技術の動向とモデル検討報告会参加申込書(7k)
●支払方法: 上記お申込ののち、郵便振替用紙通信欄に行事名と参加者氏名、受付番号を記入のうえ下記にお振り込み願います。現金書留でも結構です。
郵便振替口座 00160-7-196331 日本トンネル技術協会
GRI Geo-Reserch Institute
Copyright2004-2005 Geo-Research Institute. All rights reserved.