地盤研究財団
財団紹介 研究・とりくみ 研究成果 お知らせ LINK先一覧
研究論文
地盤研究財団論文報告書
研究書籍
関連図書
特許
受賞
 
TOP > 研究成果 研究書籍


 
ここに掲載した書籍は、
  関西圏地盤情報ネットワーク (財)地域地盤環境研究所内
  地盤情報グループ/TEL 06-6941-8833 Email:geodick@geor.or.jp
へお問い合わせください。

新関西地盤 −大阪平野から大阪湾−
KG-NET・関西圏地盤情報研究会

KG-NET・関西圏地盤研究会(KG-NET:関西圏地盤情報ネットワーク)は、1980 年代より始まる地盤情報データベースによる関西地域の地盤研究活動を継承し、平成16年度からは、この「大阪堆積盆地」を対象に調査・研究を進めてきました。
研究では、多量の地盤調査情報を基礎に、基準地盤情報(綿密な地質・土質の基準ボーリング)も付加して堆積環境に視点を置いた地質・地盤特性の分析を行い、地域の地盤工学的諸問題に関しても“変形”、“地震”、“環境”をキーワードに調査・研究に取り組み、加えて地盤情報データベースの将来像に関する検討も重ねてきました。この度、この研究成果を書籍「新関西地盤−大阪平野から大阪湾−」にとりまとめ刊行いたしました。

本編 T〜U編構成 354p.  
口絵 大阪堆積盆地の地盤(カラー図,写真) 32p.  
資料 地域の土質特性(Ma13、Ma12の土質) 64p. 総頁450p.
添付 新関西地盤CD-R (本編の図のカラー版(PDF)) .  

〔目次〕
第T編 地域の地盤
1. 概説
2. 地盤のなりたち
3. 地域の地質と堆積環境
3.1 はじめに
3.2 地質構成の分布
3.3 地質構造
3.4 堆積環境の変遷と地盤形成
4. 地域の地盤特性
4.1 はじめに
4.2 粘土層の土質分布
4.3 砂・礫層の土質分布
4.4 粘土層の地域特性と堆積環境
4.5 特徴的な力学特性
5. 地域の地盤特性
5.1 はじめに
5.2 深部地下構造
5.3 深部地下の動的物理特性
6. 地盤変形
6.1 はじめに
6.2 
都市建設工事にともなう沖積粘土層の変形
6.3 大規模埋立に伴う洪積層の沈下
6.4 広域的要因による地盤変形
7. 地震
7.1 はじめに
7.2 地盤構造と震動特性
7.3 想定される地震動
7.4 液状化の可能性
8. 地盤環境
8.1 はじめに
8.2 地盤と重金属汚染の特徴
8.3 重金属類汚染の事例と対策
8.4 土地利用と汚染物質管理
9. 地盤情報DBの未来
9.1 はじめに
9.2 地盤情報DBの共有とその技術
9.3 地盤情報DBの活用とその技術
9.4 地盤情報解析とその新たな技術
第U編 基準地盤情報
1. 概説
2. 基準地質データベース
3. KG-R東大阪基準ボーリング
3.1 概要
3.2 地質分析
3.3 土質試験
3.4 詳細な特性を求めた強度・変形試験
3.5 原位置試験および検層
3.6 環境分析
4. 地域の基準地盤情報
4.1 概要
4.2 地域の基準地盤情報
























ベイエリアの地盤と建設 -大阪湾を例として-


ベイエリアの地盤と建設 −大阪湾を例として−
大阪湾地盤情報の研究協議会(現 関西圏地盤情報ネットワーク)
「大阪湾地盤研究委員会」は、平成10年度より、「地盤情報の活用による大阪湾ベイエリアの開発と保全に関する研究−大阪湾ベイエリアの活力と防災を目指して−」をテーマに研究を進めてまいりました。研究では「大阪湾地盤情報データベース」を埋立地の地盤情報も含めたデータベースに拡張し、深部地下構造探査、動的特性試験、洪積粘土長期圧密試験等のデータも収集して、ベイエリアの開発・保全に関わる建設技術の諸問題に幅広く取り組みました。その研究成果を本書にとりまとめました。ベイエリアの地盤と建設に関わっておられる方々の参考となれば幸いです。
本編 T〜W編構成 505p.  
口絵 ベイエリアの地盤と建設(カラー図,写真) 32p.  
資料 地域の土質(24地区のMa13,Ma12の土質) 65p. 総頁602p.

〔目次〕
第T編 ベイエリアの活力と防災を目指して
1. 大阪湾地盤研究の歩み
2. 大阪湾ベイエリア開発の歴史
3. 大阪湾ベイエリアにおける新たな試み
3.1 ベイエリア都市空間の構築
3.2 海上空港島の建設
3.3 交通ネットワークの建設
3.4 ベイエリアの廃棄物埋立
3.5 エネルギー供給基地の建設
4. ベイエリア開発・保全の将来展望
第U編 地盤情報とその活用
1. 概説−地盤情報のディジタル化と活用−
2. 大阪湾地盤情報データベース
3. 大阪湾埋立地情報GIS
4. 地盤情報の活用技術
第V編 ベイエリアの地盤と自然環境
1. 概説−大阪湾の成り立ち−
2. 自然環境
3. 表層の地質と構造
4. 深部の地質と構造
5. 大阪湾の活構造と地質学的特徴
6. 土質特性と地域性
ベイエリアの地盤と建設 -大阪湾を例として-
第W編 ベイエリアの開発と防災・保全に関わる諸問題
1. 概説−ベイエリア開発の技術課題−
2. 地震と津波
3. 大阪湾ベイエリアの埋立
3.1 埋立造成技術の進展
3.2 埋立地の地盤
3.3 埋立土の材料特性
4. 埋立地の地盤変形
4.1 埋立地の地盤変形挙動
4.2 大阪湾洪積粘土の長期圧密特性
4.3 洪積層の沈下解析
5. ベイエリアの耐震技術
5.1 海底・埋立地盤の震動特性
5.2 ベイエリアの耐震設計
5.3 海底・埋立地盤の動的材料特性
5.4 埋立人工島の動的解析技術
6. 環境保全
6.1 ベイエリアの環境保全とランドフィル島構想
6.2 海面埋立廃棄物処分場の課題
 

新関西地盤 −京都盆地−
 関西は京の都、京都盆地の地盤特性を約8,000本のボーリングデータ等をもとに解説しました。これまで、知られることのなかった京都の地盤環境が明らかにされています。

〔主な掲載内容〕

関西地盤調査情報データベース
地域の地質
地域の地形、浅部の地質、基準ボーリングと深部の地質
地域の土質
地域の地盤と土質、動的物性
深部構造と活断層
深部構造調査、活断層調査、京都地域の深部構造と活構造
地震と液状化
 
[頁数と価格]
A4版196頁(カラー52図)定価8,000円
新関西地盤2002
拡大


新関西地盤 −神戸および阪神間−
 兵庫県南部地震の被害が甚大であった神戸および阪神間の地盤特性を約8,000本のボーリングデータ等をもとに解説。また、震災後の深層ボーリング調査データも収録。

〔主な掲載内容〕

第1編 地域の地盤

地域の地層構成と地質構造、地域の土質特性、浅部地下の動的特性、深部地下の動的物理特性、震災後の反射法地質探査データ等と深部地下構造、兵庫県南部地震の地震動の成因、強震動の予測、兵庫県南部地震の液状化と危険度予測、側方流動

第2編 深層ボーリング

東灘1700m(K1)ボーリングの地質・検層・土質調査、石屋川(K2、K3)・長田(K4)ボーリングの地質調査・検層、南芦屋浜ボーリング、兵庫県1995年度ボーリング他
[頁数と価格]
A4版270頁(カラー66図)定価10,000円
新関西地盤1998
拡大


関西地層分布図 −大阪平野−
 約10,000本のボーリングデータをもとに大阪平野の各地層の推積標高と層厚の分布を1/5万縮尺図上に表示。 大阪平野の地層構成や推積環境などについての解説書付き。

〔地層分布図(B2版、カラー)〕

沖積層    下面標高と層厚
Ma13層   下面標高と層厚
Ma12層   上面標高と層厚
第1洪積砂礫層  上面標高と層厚
第2洪積砂礫層  上面標高
地質断面図    8断面

〔解説書(B5版、31貢)〕

1.地形地質の概要
2.大阪平野地下の層厚
3.平野地下の地層分布
4.地質構造
5.大阪平野の古地理と沖積層の形成過程

〔価格〕
定価10,000円/セット 1,500円/1面

関西地層分布図
拡大


財団法人 地域 地盤 環境 研究所
TOP サイトマップ ENGLISH