地盤研究財団
財団紹介 研究・とりくみ 研究成果 お知らせ
財団紹介
ご挨拶
概要/沿革
組織
研究の拠点
財務情報
公的研究費の適正な運営管理について
 
TOP > 代表理事のご挨拶
理事長のご挨拶
 
代表理事 岩崎好規

地盤を友とする

 一般財団法人地域地盤環境研究所は、1960年に設立されて以来、大阪をその活動拠点としながらも、国内や海外の各地域の地盤特性を把握し防災も視野に入れ、皆様の地盤に関する良き相談相手になりたいと努めてまいります。

地盤を友とする研究者・技術者集団

  “地盤と戦って盛土をした”という話を聞きますが、私どもは地盤の友でありたいと願っております。地盤の性質を知り、常に地盤と語り合う必要があるからです。この考えに基づき、当財団の地盤工学、地質学、地形学、地球物理学、地震学、地震工学、地盤環境工学、情報地質学を専攻する研究者・技術者グループが、必ずや皆様の問題解決に役立つことと思います。

現場と研究の積極的交流を基礎に

 地盤には各地域特有の性質があります。当財団では地盤工学上の諸問題を解決するために、“現場にこそ真実がある”と考え、自ら現場に入り地盤やその挙動を観察するという立場を堅持しております。さらに、大学や官民の主要研究機関の研究グループとの連携を密にして、現場と研究機関との接点となり、最新の情報を提供し、複雑な地盤問題において安全かつ経済的な解決策を提示する努力をとおして、皆様のお役に立ちたいと願っております。

地域総合地盤学の確立を目指して

 当財団は、大阪を中心とした関西地域の地盤の情報であるボーリングデータ、地下水、地震動記録などの収集に努めてまいりました。人々の生活の基盤である地盤は、その下に、沈下を起こす軟弱な粘土層、液状化を起こす緩い砂層、あるいは、地震を起こす活断層もあるが、資源でもあるが、環境保全の指標となる地下水もあります。地形、地質、地盤、地震などの地域地盤情報を総合化し、これらの地盤の情報を活用し、地域防災、地域開発、地盤情報を取り込んだ維持管理などで、地域社会の基盤を支えようと努力しています。


財団法人 地域 地盤 環境 研究所
TOP サイトマップ